耐熱バーコードラベル「トピックス」耐熱バーコードラベル「ヒートプルーフ」についての様々な話題をお伝えしていくブログです。

耐熱ラベル 商品紹介 HP-CBR CX102016-08-23

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-CBR CX10】

 

常温で貼り付けて1,000℃までの耐熱性を有する新商品です。

500℃程度の仮焼成をおこなうことで、様々な耐性が出る画期的商品です。

 

これまで理化学機器(ガラス製品や坩堝等)管理でご提案していた弊社商品HP-CBR CX2に比べ

▶ 仮焼成の温度(HP-CBR CX2は800℃の仮焼成が必要)、時間

▶ 擦過性(仮焼成後)

▶ 薬品性(特に アルカリ浸漬) (仮焼成後)

▶ 耐久性(仮焼成後)

が格段に向上しました。

 

本商品を上市してから、立て続けに理化学機器(フラスコ等のガラス製品、坩堝等)をご使用される

分析会社様をはじめとする複数社でご採用頂いております。

 

採用の決め手は、

◆ 繰り返し熱処理してもバーコードラベルが剥がれない

◆ 視認性(視認文字やバーコード)が高い

◆ 各種洗浄工程への耐性

◆ パイレックスガラス製品への仮焼成が可能

 

本商品は耐薬品性、耐溶剤性、サイクル使用への耐性も付与しておりますので、熱がかかり、且つ薬品、

溶剤洗浄がある工程や高温・高圧下に曝されるオートクレーブ養生工程の管理等にもお役立て頂けます。

市販の熱転写プリンターで必要情報(視認文字やバーコード等)を現場で印字発行することも出来ますし、

弊社で印字の受託加工も承っております。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

 

 

 

お問合せ・資料請求