耐熱バーコードラベル「トピックス」耐熱バーコードラベル「ヒートプルーフ」についての様々な話題をお伝えしていくブログです。

強化ガラス製造工程管理用ラベル2015-09-09

強化ガラスを製造する際には、通常以下の2種類の方法があります。

①イオン交換法:ガラス中のNa(ナトリウム)とK(カリウム)のイオン交換を行うことで強化する方法

②風冷強化法:ガラスを650~700℃まで加熱し、空気で急激に冷やすことで強化する方法

 

強化ガラスは通常のガラスに比較して高価で、製造工程も厳しく管理されます。

そのためにはQRコートやバーコードを使用して、個別に管理できることが一番適した方法となります。

②の風冷強化法では650℃~700℃という非常な高温に熱せらますが、当社のヒートプルーフであれば、

ラベルを加熱前に貼り付けた後、そのまま加熱工程に通してもバーコードやQRコードが消えることがありません。

粘着剤も特殊なシリコーン材料を使用していますので、付着性も問題ありません。

(通常のシールに使用される糊であれば焦げてラベルが落ちてしまいます。)

 

もし、強化ガラスの製造工程(特に風冷強化法)のID管理を検討されている場合は、是非当社へご相談ください。

既に海外においても評価され、使用上問題ないことが確認されています。

お問合せ・資料請求