耐熱バーコードラベル「トピックス」耐熱バーコードラベル「ヒートプルーフ」についての様々な話題をお伝えしていくブログです。

新商品紹介

耐熱ラベル 商品紹介 HP-CBR CX102016-08-23

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-CBR CX10】

 

常温で貼り付けて1,000℃までの耐熱性を有する新商品です。

500℃程度の仮焼成をおこなうことで、様々な耐性が出る画期的商品です。

 

これまで理化学機器(ガラス製品や坩堝等)管理でご提案していた弊社商品HP-CBR CX2に比べ

▶ 仮焼成の温度(HP-CBR CX2は800℃の仮焼成が必要)、時間

▶ 擦過性(仮焼成後)

▶ 薬品性(特に アルカリ浸漬) (仮焼成後)

▶ 耐久性(仮焼成後)

が格段に向上しました。

 

本商品を上市してから、立て続けに理化学機器(フラスコ等のガラス製品、坩堝等)をご使用される

分析会社様をはじめとする複数社でご採用頂いております。

 

採用の決め手は、

◆ 繰り返し熱処理してもバーコードラベルが剥がれない

◆ 視認性(視認文字やバーコード)が高い

◆ 各種洗浄工程への耐性

◆ パイレックスガラス製品への仮焼成が可能

 

本商品は耐薬品性、耐溶剤性、サイクル使用への耐性も付与しておりますので、熱がかかり、且つ薬品、

溶剤洗浄がある工程や高温・高圧下に曝されるオートクレーブ養生工程の管理等にもお役立て頂けます。

市販の熱転写プリンターで必要情報(視認文字やバーコード等)を現場で印字発行することも出来ますし、

弊社で印字の受託加工も承っております。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

 

 

 

続きを見る

耐熱ラベル 商品紹介 HP-1222016-06-03

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-122】

 

常温で貼り付けて220℃までの耐熱性を有する新商品です。

耐熱性220℃というのは温度帯としては低く感じられるかもしれませんが、一般的はPET基材、紙基材の

ラベルでは耐えることの出来ない領域です。

 

この温度帯のラベルではHP-120Sという商品もありますが、お客様からご要望を頂き、耐熱性はそのままに

HP-120Sより高い付着性を有するラベルHP-122を開発致しました。

これにより、剥がれやすいとされる曲面や凹凸面にもきっちり貼り付けが可能となっております。

 

本商品は耐薬品性、耐溶剤性、サイクル使用への耐性も付与しておりますので、金型をはじめとする、熱がかかり、

且つ薬品、溶剤洗浄がある工程や高温・高圧下に曝されるオートクレーブ養生工程や設備部品の管理等

お役立て頂いております。

 

市販の熱転写プリンターで必要情報(視認文字やバーコード等)を印字することが出来ますので、これまで

管理できなかった金型等のID管理にご使用頂いております。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

 

 

 

続きを見る

浸炭熱処理管理用タグHP-P22016-04-22

【新商品紹介】 浸炭熱処理管理用タグ HP--P2

 

様々な金属製品の製造工程において熱処理工程が存在する。

当社では、ヒートプルーフ®を用いて、こうした熱処理工程をIDコード(バーコードやQRコード)で管理する方法を提案している。

しかしながら、無酸素下で炭素源を封入しながら行われる浸炭熱処理工程では、ラベルの白色部分が浸炭の影響で黒く変色する。

その結果バーコードの読み取りができず、満足いただける提案とならないケースが多かった。

今回新たに開発したHP-P2は、厳しい浸炭熱処理工程でも変色しないことが確認されている。

現在のところ受託印字のみでの対応となるが、繰り返し使用される治具等に取り付けて使用いただける。

フォーマットはお客様のご要望に応じた供給が可能で、IDコードを印字してシステムと組み合わせることで様々な項目を管理できる。

(日時、ロット、治具の使用回数、熱処理工程の種類、等)

 

ご興味お持ちの方は、問い合わせフォームからご連絡ください。

 

続きを見る

新商品情報HP-PC102015-10-30

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-PC10】

 

昨今環境問題が取り沙汰され、塗装方法も有機溶剤を使用する溶剤型から環境に

配慮した粉体型へ移行しております。

ただ、粉体塗装は溶剤塗装と比べ、塗装後成膜させるため高い温度(約250℃程度)

で焼き付ける必要があります。

 

これまで溶剤塗装の焼付(約170℃程度)では一般的はPET基材のタグを用いられる

ケースが多かったのですが、これでは粉体塗装の焼付工程の温度に持ちません。

今回ご紹介させて頂く耐熱タグ【HP-PC10】はフィルム系の中では高い耐熱性を

有するポリイミドを採用し、特殊コーティングを施し耐熱性はもちろんのこと、

熱転写プリンターで容易に必要情報(視認文字、バーコード等)を付与できる

設計になっております。

 

また、塗装の前工程である、脱脂、酸処理等にも耐性がございますので、塗装

工程の一貫管理にご使用頂けます。

 

導入イメージ、使用方法はこちら(耐熱タグ導入前導入後)を参照ください。

 

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

 

続きを見る

新商品情報HP-3602015-09-30

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-360】

 

常温~400℃で貼り付けて約600℃までの耐熱性を有する新商品です。

 

同様の温度帯をカバーする商品としてHP-350Nがございますが、

HP-350Nと比較して、高温域(500℃以上)での付着性がより向上しております。

 

様々な製品の熱処理工程管理にご使用いただけますが、550℃以上で長時間加熱される、

アルミ製品のホモジナイジング工程の管理には、特に効果を発揮いたします。

熱処理後も高い付着を有する設計になっておりますので、鉄鋼製品をはじめ、

 

当社標準品同様、熱転写プリンタでの現場発行にも対応しております。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

今後、具体的な導入事例やご使用方法についても紹介して参ります。

以上、よろしくお願いいたします。

 

続きを見る

新商品情報HP-800C2015-09-10

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-800C】

 

常温で貼り付けて約900℃までの耐熱性を有する新商品です。

熱処理後も高い付着を有する設計になっておりますので、鉄鋼製品をはじめ、

金属鋳造品や強化ガラスの製造工程など、様々な熱処理工程における個別の

ID管理を可能する耐熱ラベルです。

 

当社標準品同様、熱転写プリンタでの現場発行にも対応しております。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

今後、具体的な導入事例やご使用方法についても紹介して参ります。

以上、よろしくお願いいたします。

 

続きを見る

耐熱ラベル 商品紹介 HP-1602015-08-10

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-160】

 

常温で貼り付けて300℃までの耐熱性を有する新商品です。

本商品は基材にアルミニウム箔、また粘着剤に強粘タイプの粘着剤を採用しております。

初期付着力は弊社商品の中でも最も高く、様々な対象物へ貼り付けが可能です。

◆ 対象物をほとんど選びません!

  鉄鋼製品等の凹凸のある対象物や貼り付けにくい対象物にも追随し、強固に貼りつきます。

◆ 繰り返しの熱処理工程に最適!

  サイクル使用への耐性も付与しておりますので、金型をはじめとする繰り返し処理される治具管理等にご使用

  頂けます。

◆ 各種熱処理工程管理、製品管理

  アルミニウムの熱処理(時効処理等)など300℃までの様々な製品、工程にお役立て頂いております。

◆ 情報の付与

  市販の熱転写プリンターで必要情報(視認文字やバーコード等)を印字することが出来ます。

これまで管理できなかった各種熱処理等のID管理にご使用頂いております。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

 

PDFはこちら

 

続きを見る

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-CBR CX2】_2015-07-10

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-CBR CX2】

 

金属、セラミック、ガラス等の表面に室温で貼り付け後、1,200℃の熱処理管理にご使用頂けるバーコードラベルです。

熱転写プリンターで印字した情報は熱処理後も消失することなく、視認文字、バーコードの読み取りが可能です。

一旦熱処理されるとラベルは強固に対象物へ固着され、ヒートショックや擦過性など優れた性能が発言されます。

 

◆ 情報の付与

  市販の熱転写プリンターで必要情報(視認文字やバーコード等)を容易に印字することが出来ます。

 

これまで手書き等で管理されていた高温製品をバーコード管理が可能になります。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

  

 

PDFはこちら

続きを見る

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-700T】2015-06-10

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-700T】

 

800℃までの高温対象物に対して直接貼り付けすることの出来る商品です。

高温対象物貼り付けは、世界で唯一YSテックのみの技術です。

◆ 各種高温製品管理

  450~800℃程度の鉄鋼(スラブ、ビレット、ブルーム等)、アルミニウムやその他非鉄(サウ、インゴット等)の

  鋳造直後の高温対象物に対して貼り付け可能です。  

◆ 情報の付与

  市販の熱転写プリンターで必要情報(視認文字やバーコード等)を印字することが出来ます。

 

これまで耐熱チョーク等で手書きで管理されていた高温製品をバーコード管理が可能になります。

これにより高温製品の上~下工程の一貫バーコード管理が可能となります。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

PDFはこちら

続きを見る

耐熱ラベル 商品紹介 HP-150N2015-03-10

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-150N】

 

常温で貼り付けて350℃までの耐熱性を有する新商品です。

本商品は基材にアルミニウム箔、また粘着剤に強粘タイプの粘着剤を採用しております。

◆ 対象物をほとんど選びません!

  鉄鋼製品等の凹凸のある対象物や貼り付けにくい対象物にも追随し、強固に貼りつきます。

◆ 繰り返しの熱処理工程に最適!

  サイクル使用への耐性も付与しておりますので、金型をはじめとする繰り返し処理される治具管理等にご使用

  頂けます。

◆ 各種熱処理工程管理、製品管理

  アルミニウムの熱処理(時効処理等)など350℃までの様々な製品、工程にお役立て頂いております。

◆ 情報の付与

  市販の熱転写プリンターで必要情報(視認文字やバーコード等)を印字することが出来ます。

これまで管理できなかった各種熱処理等のID管理にご使用頂いております。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

 

PDFはこちら

 

続きを見る

耐熱ラベル 商品紹介 HP-120S2015-02-12

商品紹介 ヒートプルーフラベル【HP-120S】

 

常温で貼り付けて220℃までの耐熱性を有する新商品です。

耐熱性220℃というのは温度帯としては低く感じられるかもしれませんが、一般的はPET基材、紙基材の

ラベルでは耐えることの出来ない領域です。

本商品は耐薬品性、耐溶剤性、サイクル使用への耐性も付与しておりますので、金型をはじめとする、熱がかかり、

且つ薬品、溶剤洗浄がある工程にご使用頂けます。

市販の熱転写プリンターで必要情報(視認文字やバーコード等)を印字することが出来ますので、これまで

管理できなかった金型や各種治具等のID管理にご使用頂いております。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

以上、よろしくお願いいたします。

PDFはこちら

 

続きを見る

耐熱タグ ラインナップについて2015-01-19

<耐熱タグ ラインナップ>

 

弊社商品の耐熱ラベル/タグは日々お客様のニーズに基づく検討開発を進めております。

ここでは開発試作を除く、上市した耐熱ラベルをご紹介致します。

 

◆ 耐熱タグ ラインナップ一覧

PDFはこちらです。

 

各タグの特徴につきましては随時更新していきます。

ご不明な点、高温工程管理等でお困りのことがございましたら、こちらからお問い合わせ下さい。

続きを見る

耐熱ラベル ラインナップについて2015-01-13

<耐熱ラベル ラインナップ>

 

弊社商品の耐熱ラベル/タグは日々お客様のニーズに基づく検討開発を進めております。

ここでは開発試作を除く、上市した耐熱ラベルをご紹介致します。

 

◆ 耐熱ラベルラベル ラインナップ一覧

PDFはこちらです。

 

各ラベルの特徴につきましては随時更新していきます。

ご不明な点、高温工程管理等でお困りのことがございましたら、こちらからお問い合わせ下さい。

 

 

続きを見る

めっき工程管理用タグ2015-01-05

<めっき工程管理用タグ>

【溶融亜鉛メッキ】

鋼材の表面に亜鉛の合金層を形成することで、亜鉛の犠牲的防食作用により、鋼材の腐食を抑制する。 屋外に設置される鋼構造物の防食処理として広く採用されており、身近なものとしては送電用鉄塔などが挙げられる。(Wikipedia参照)

上記のように、溶融亜鉛めっきは様々な業界で使用されている。しかしながら、めっきされる製品の個別管理については未だに満足いく状態にはなっていない。

潜在的にはバーコードやQRコードなどの自動識別への要求が高いが、実際には刻印された金属タグ等で管理されているケースが多い。

原因はその苛酷な工程にある。下記はイメージ図であるが、多くの薬品処理と高温でのめっき槽浸漬が連続して行われるため、RFIDはもちろん、通常のバーコードラベル等も使用できない。

YSテックでは、この連続した工程を一貫管理できるタグの提案を行っている。タグは熱転写プリンタで印字することができ、フォーマットも自在にデザインできる。

薬品耐性を持たせるのため、印字後のタグをラミネートする必要があるが、めっき工程前に本タグを取りつけることで、自動認識コードを用いた管理が可能となる。

造船業界など、厳しい個別管理が求められる製品において採用して戴くことで、ヒューマンエラーの削減や人件費の削減など、多くのメリットが期待できる。

 

詳しい商品説明につきましては、ホームページよりお問い合わせください。

 

続きを見る

新商品情報HP-800A2014-11-28

常温で貼り付けて約900℃までの耐熱性を有する新商品です。

弊社では、常温で貼付を行い1200℃までの耐熱性を有する、HP-CBR CX2という商品が存在します。

セラミック、鉄鋼、金型管理など様々な業界や工程でご使用戴いておりますが、

被着体の昇温スピードが急激な場合、ラベル表面に破損を生じるケースがございます。(推奨昇温スピード40℃/分)

この昇温スピードに対する制限を改善したものが、ご紹介するHP-800Aです。

金属鋳造品やガラス製品など、熱処理工程で高温のオーブンに製品が投入される場合、

HP-800Aを用いて個別のID管理が可能になります。

当社標準品同様、熱転写プリンタでの現場発行にも対応しております。

ご興味ございましたら、本ホームページのお問い合わせフォームから送信下さい。

今後、具体的な導入事例やご使用方法についても紹介して参ります。

以上、よろしくお願いいたします。

 

続きを見る
お問合せ・資料請求