アルミニウム関連
事例1

高温サウへの自動ラベラーによる
耐熱ラベルの直接貼り付け

対象物 サウ
対象物温度 500℃
採用商品
お客様のご要望

・製品のID管理
・工程削減、異材撲滅


これまでの管理手法

耐熱チョークによるマーキング

サウ製造直後 (500℃) →ヤード保管 (500℃⇒RT) 2日間 → 冷却後に作業員よる 紙ラベル貼付を実施 ヤード (RT) 紙ラベル貼付

問題点

  • 手書き時の書き間違いの発生
  • 目視確認時の読み間違いの発生

ヒートプルーフによるソリューション

採用の決め手!
ID管理を可能にする
鋳造直後の高温時から出荷までの一貫管理により異材撲滅
サウ冷却後の出荷用ラベル貼り付け作業を排除することにより、労務費を削減
作業員の手の届かない高さまでサウを積むことが可能となり、ヤード有効活用を実現
500℃でHPラベルを自動貼付

サウ製造直後 (500℃)

保管導入後

ヤード保管 (500℃⇒RT) 2日間

輸送

出荷