事業概要

バーコードラベル 常温貼付タイプ

さまざまな熱処理工程に利用される常温貼り付けタイプのヒートプルーフラベルです。金属製品の加熱やホモジナイズなどの熱処理時の個体管理や金属部品の熱処理時のキャリアーや台車などの管理、セラミックや電子部品などの加熱工程にご使用できます。

用途事例

多くの素材に対応

鉄鋼や非鉄製品、金属部品、電子部品、セラミックなど、様々な素材に対して、熱処理工程前後での常温~400℃時に貼り付けて使用します。貼付後、熱処理工程に通しても、貼り付けられたラベルの剥れや脱落、劣化などは起こりにくく、印字内容が不明瞭になることもありません。工程後、ラベルに印字された情報を読取、個体管理することが可能です。

導入実績例

■鉄鋼
コイル、ビレット、ブルーム、鋳造品、鍛造品

■アルミニウム
サウ、ビレット、インゴット、鋳造品、鍛造品

■金型
金型管理(プラスチック、アルミニウム等)

■セラミック
ガラス、陶器

■電子部品
半導体、電子基板

■コンクリート
外壁材、コンクリートパイル

製品系統

HP-150Nの特徴

・ 300℃までの直接貼り付けが可能です
・ 専用インクリボンの使用で350℃の耐熱性を有する
・ 高温下でも擦れによる印字滲みが発生しない
・ 金属基材等への高い付着力を有する

HP-300Sの特徴

・ 専用インクリボンの使用で600℃の耐熱性を有する
・ 金属基材等への高い付着力を有する

HP-350Nの特徴

・ 400℃までの直接貼り付けが可能
・ 専用インクリボンの使用で600℃の耐熱性を有する
・ 高温下でも擦れによる印字滲みが発生しない
・ 金属基材等への高い付着力を有する

HP-380N+の特徴

・ 初期のタック力が高く、金属基材等への高い粘着力を有する
・ 専用インクリボンの使用で600℃の耐熱性を有する
・ 高温下でも擦れによる印字滲みが発生しない

加熱工程例

① ラベルは、室温から400℃までの直接貼り付けが可能です。
② ラベル貼り付け後そのまま加熱工程にはいっても、一度冷却 して加熱工程に入っても問題ありません。
③ 加熱工程は様々ですので、御相談の上最適のラベルを推奨させていただきます。
  お気軽に問い合わせください。

参考写真

お問合せ・資料請求